山梨県立桂高等学校 校章

校章について
昭和41年(1966年)4月1日制定
日本一の霊峰富士を仰ぎつつ、名水桂の辺(ほとり)に集い、切磋琢磨する生徒を、縁起、 神聖、高潔などほのぼのとした文化の香りを持つ桂の枝の組み合わせにより表わしている。

スクール・カラーについて
昭和41年(1966年)4月1日制定
日の丸の赤に近い色。やや黄みに寄った赤で、もっとも暖かい色といわれる。本校の生徒に期待される情熱、勇気、慈愛、躍動、勝利など、明るく暖かいイメージがこめられている。

Topページに戻る